サマーフェスタ

出演は、シロフォン(木琴)・パーカッションは吉田周平、

カホン・スルドなどの民族楽器は中山拓人、

ピアノ弾き語りは佐々木よしみという、

打楽器奏者2名とピアノ&ヴォーカルという編成で、

子供さんにも多く来て貰おうということで,

敢えて皆さんがお休みであろう8月15日に設定されました。

とはいうもののこの日はお盆の最中、

当初集客が心配されましたが、

間近になって次々と予約が入り,

当日は2回公演のいずれもほぼ満席の状態。

多くの打楽器をよく見て貰おうと工夫された楽器の配置は、

会場に入った途端にわくわくさせられるような雰囲気を醸し出し

演奏への期待を否が応でも高めるものでした。

プログラムはラテン・ナンバーからディズニーのテーマ曲、

盆踊りの定番「炭坑節」「八木節」…とまったく聴き手を飽きさせず、

迫力満点のノリは勿論、ユーモラスな面やしっとりとしたヴォーカル曲での

繊細な味付けなど打楽器の色々な面を堪能、

また奏者の被り物の演出などもあって、

見た目にも大変楽しいコンサートでした。

コンサート終了後、

色々な打楽器にさわらせてもらったり

説明をして貰ったりする子供さんの姿も

とても印象的でした。

2022年8月22日